松延総司「ニット ザ ノット」

松延総司「ニット ザ ノット」
HAGIWARA PROJECTS
http://www.hagiwaraprojects.com/
所在地:〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-18-2 サンビューハイツ新宿101
大きい地図を表示(PDF)
Tel & Fax:03-6300-5881
E-mail:info@hagiwaraprojects.com
開廊時間:火〜土曜日 11:00-19:00 日・月・ 祝日 休廊

「瞬間的に描いた乱雑な線をトレースし、線の型を作る。 その型を用いて線を再生するとき、私たちはそこに瞬間的な身体の動きを残したまま、線を描く 手順やスピードを自在に操作することが可能になる。 そのとき、無数の形を持つ「線」は、さらに無数の奥行きの形を持つようになる。 保存と編集は物事を整理するだけでなく、違う方向へと乱雑さを拡張する可能性を持っている。」 松延総司 2016 -プレスリリースより-

Now on view: Soshi Matsunobe “Knit the Knot” 2016 pencil on paper

HAGIWARA PROJECTSさん(@hagiwara_projects)が投稿した写真 –

一見乱雑な線の寄せ集め。
しかし、その軌跡の行方を追い続けていると、
ふと、冷静なハンドリングに気付くことができる。

四角形の支持体の中を、
実に生き生きと、事故に遭わないように、
程よい加速度を保ちつつ、ドライブし続ける線の軌跡。

気付いてからは感嘆しっぱなし。
描かれた線は交差しそうな箇所で、一方がトンネルに入ったみたいに潜り込み、一時的に消失するのだが、この入りと抜きが見事。
私の目が捉えきれぬだけで、そこには線があるはずなのだ、と言いたいくらい。

どんなにドリフトをかまして、線と線が衝突しそうになっても、
不思議な法則が働いたかのように、両者はすれ違い、
いつか、一つの円環へと到る。

ステートメントにも明記してある通り、
試行錯誤の積み重ねがこの円環であり、
はじめは線のそれぞれが個であり、孤立していたはずである。

孤立していた個を引き合わせ、循環させるまでに到るには、
そしてこの作品展数を完成させるには、
途方も無い苦労があったことと察する。

保存と編集は物事を整理するだけでなく、違う方向へと乱雑さを拡張する可能性を持っている。」 松延総司 2016 -プレスリリースより

絵を描いたことがあればわかるだろうけど、無数の線画(下書き)状態から清書する過程、正しい(と思われる)線をなぞることもあれば、線と線の中央を走らせることもあると思う。
なぜか。
そこに、可能性を見たからである。

しかし、この可能性は正でも誤でもなく、新たな道を見出したに過ぎない。
(大抵の出来事に対する正か誤かという判断は、各々が勝手に下すものである)

本展示会は「線」という単位での美を追い求めると同時に、
保存と編集の観点から「線」に対するイメージの拡張を試みたと考える。

さて、本展示会では制作に至るまでの思考、保存•編集に関する方向性には触れられていない。
が、考えてみれば不要かもしれない。
複数の偶発的なドローイングの数々を引き合わせる行為に、
余計なドラマ•歴史を与える必要などない。

再び作品に視線を戻す。
どこかに飛んでいきそうなほど勢いある線は、
無理を感じさせない急カーブを経て、
立体交差の中、穏やかに直線に走る。

支持体という限界はあるが、
生物における肉体に置き換えれば良い。

数十センチの紙の中を行き来する進路の選択肢はまさに無限。
行ってもいい、行かなくてもいい、
いつもどおり、いつもと違うみち、
寄り道しても、回り道してもいい。
自身に置き換えてみれば、
これほど勇気づけられる作品はない。

会場内に置いてあったポートフォリオを拝見するに、
「対象の外見/機能/成り立ち」と「見出される価値」の対比に強い関心をお持ちのように感じられた。
本作のように、真っ直ぐな方なのではないかとお見受けする。

面白い作品が沢山あった。
今後も展示会があったら足を運んでみたい。

コメントを残す