諦めを示すルール

各種交通機関における「優先席」、とても貧相なアイディアだと思う。結構な乗車率なのに、優先席だけ誰も座っていない光景を目にする。本当に必要とする方の為にあけておこうという配慮なのだろう。優しすぎる。座りにくい環境が、より窮屈な環境をつくる。なので私は、優先席は不要派である。

理想論だが、座りたい人が座ればいいと思う。そして譲りたいと思う人が、席を第三者に譲ればいいし、必要ならば譲って欲しいと声をかければいい。声を出せるのならば、自ら声をかけるのが筋だと思う。察して欲しいというのは、ちょっと違うと思う(マタニティマークは妊婦であることを知らせる目的が第一にあるので、これには当てはまらない)。

自分だって電車で体調を崩したら「あの、申し訳ないんですが体調が悪いので誰か席を譲ってくれませんか?」くらい声をかける。必要かどうかを正しく評価できるのは、自分なのだから。

高齢者だから、妊婦だから、けが人だから、席を譲るってのはやはり変。座って欲しいと自分が思うから、席を譲るのが正しいプロセス。そうでなければ、外見には現れない種の病気を抱えた人は、席を譲らないことに対して、要らぬ負担を強いられる。歪んだシステムは、何時か問題を起こすはず。

だから、互いに積極的に声をかけるべきだ。席を譲って欲しいと声を出して意見すれば、譲ってくれる人は沢山いるはずだ。私個人はそう信じているし、それくらいは人に期待している。だから、優先席は不要だと思っている。