私の中の時計

温度•湿度計を購入した。感覚でしか捉えていなかった室内環境がデジタルな数値に置き換えられ、客観的に把握できるようになって、とても新鮮だ。

私は、気温27度あたりから「暑い」と感じるようである。
また、湿度70%あたりから「湿気」を感じるようである。

それぞれ、自分の主観的な数値とは開きがあった。びっくり。

ストップウォッチを丁度10秒で停止させる遊びがあるが、以前やったときは10秒を超えてしまった。数回の試行を平均しても、10秒を超えていた。

子供の頃からそうだったのかもしれない。記憶はない。しかし、アナログ時計の秒針を眺めていると、やはり自分のカウントの方が遅い。時が加速しているようだ。年をとると、こういう影響が顕著になるのかもしれない。

腕時計のように、人間も、時の速度の認識を調整する必要があるとは。
まるで機械ではないか。