こだわりの無駄

私は、こだわるほど、食事に対して興味を持っていません。

そこそこ美味しければそれでいいし、どんなに美味しくともすぐに忘れてしまう。コストに対して得られるものの耐久時間が短いといいましょうか。そもそも、高価な料理とは、耐久性で計られるべきものではないし。私とは相性が悪い、それだけのこと。

先日も書きましたが、年単位で通っているラーメン屋があります。一番オーソドックスなラーメンが600円です。そこにトッピングを加えると、100円から300円ほど上乗せになります。私は、ほとんどトッピングをしません。600円の状態のラーメンは、コストと味のバランスの比率が優れているのに、トッピングを加えた瞬間に、比率が崩れると感じるのです。

これは、単純にトッピングが追加される行為にお金を出すのではなく、トッピング混みのラーメンにお金を出すという考えに始まっていると考えます。

お得感を装っても、利益率が上がる見込みがあるのが当然。部分に意識を集中させ、全体の出費を忘れさせる。極端なことをいえば、手品師みたいなマネ。

こだわりというものは、自らにふりかかるマイナス値を把握した上で、あえて踏み込む行為に向けられる言葉だと考えます。だから、私は何年も同店に通ってはいるけども、それ自体はこだわりではない、と思うのです。

なんでそんなものに大金を払っているんだろう、ばかだなぁ、と思わせる行為こそが、こだわりといえます。一般的には、無駄と表現されるものです。