「それ」でいい

aa

東京、雪が降りましたね。デジカメ引っ張り出したんで一枚載っけます。

私は、雪とか台風とか地震があるとワクワクします。ワクワクできるのは、自らの生命が脅かされていない、安全圏にいるからです。安全圏内で享受する、心地良い非日常感。雨が訪れる前、稲穂をなぎ倒さんばかりの強風が雲を切り裂いて、差し込む夕焼け。そんな小学生の頃に見た情景を、今も思い出します。カメラが回っていたら、この後、何か起きる!ってのを暗示させるようなシーンとでもいいましょうか。私は未来への期待で膨らんでいたのでしょうね。

少し話題を変えます。
私は未来に希望を持っていません。それは不幸な未来を確信してるということではなく、長いスパンでのビジョンを持とうと思っていないのです。あった方が効率的だし効果的だとは思ってはいるのですが、今の生活に充分満足しているから、そこまで貪欲になれないのかもしれません。

衣食住は足りているし、プラスαくらいの娯楽にも手を出しているし、それでいいと思っています。あくまで個人的な意見という前置きの上で書きますが、幸せは大したコストをかけずとも得られる(場合もある)し、際限なく求めなくたっていい。求めたっていいけど、それは必ずしも正しいとは限らない。

幸せは主観です。他人に何を言われようが、自らの幸せは揺らぐことはない。この考えと実感は、半年間の無職期間で強固になりました。生きやすくなったと思います。

不況不況と煽られようが、日本は豊かだと思います。もっとみんなが、今手に持っている幸福に気付くことができれば、日本を包む閉塞感は打開できるのに。暗雲を晴らすには、思い込みを変えればいいだけなのに。

テレビでもラジオでも本でもなんでも、高見を目指す、高見をあおいだ情報で山のように溢れています。今の生活でもいいじゃない。今の生活を大切に守るだけでもいいじゃない。現状を悲観しない考え方をもっと広めるべきだと思います。あまりにもマイナー過ぎて、苦しんでいる人がいるように思うから。