時の速度

現在、仕事がある日は午前6時に起床しています。
その影響からか、休日も7〜9時くらいにはぱっと目が覚めて、行動できるようになりました。

今日も8時くらいには体を起こし、ペットに餌をあげて、ご飯を炊いて、
玄関と居間の掃除をして、ご飯が炊けるまで読書をしました。
炊けたらお味噌汁とおかずを作って食事。
その後、ソファーで再び読書をし、1冊読み終えました。
夕方にまた読書の時間を確保するので、そこでもう1冊読み終える見込みです。

これは思い込みでしかありませが、
私は午前中は時間の流れが遅いと感じます。
アナログな時計を例に出しますが、
6時の位置にある針が12時に向かうには重力に逆らい、
12時の位置にある針が6時に向かうには重力に従う、
いったイメージの支配が大きいのかもしれません。

もちろん、時間帯によって著しく時間の経過速度がかわるなんて、非科学的ではりますが、
イメージの影響力はばかにはできません。

さて、今日は給料日を迎えたので、晩ご飯は豪勢にステーキにします。
以前、自由な時間が惜しく感じられるようになったと記述しましたが、
過剰だと思える作業はできる限り短縮し、必要だと思うところには力を注ぐよう意識しています。
せっかく食べるのであれば、美味しく食べたいし、食べて欲しい。

ということで、美味しく調理できればいいなと。